Copyright © 一般社団法人日本パッションテスト協会 – Inc. All Rights Reserved.

あなたもパッションファミリーの一員に

なりませんか?

自分のパッションを燃やし続け、自分の人生を生きる。

人生を変えるパッションの火を灯す。

自分本来の人生の目的を達成するために、思考回路を変革する。

最もパワフルなツール「パッションテスト」を創始者ジャネットから直接、学ぶ。

パッションテストファシリテーター養成講座

この講座は、これからパッションに沿った人生を歩んで行く、その第一歩、スタートとなります。日本人は「自分のため」が得意ではありません。「周囲のため」「社会のため」「家族のため」「会社のため」ではない、「あなたのため」である3日間の講座は、パッションに沿った人生を歩む、序章、ここから始まります。ここで全てがクリアになるわけではありません。そのきっかけが、ここにはあります。

これから一生、パッションに沿った人生を歩むにあたり、重要、大切なのは環境です。今までの生活に戻ると「何を言っているの?」「そんな突拍子もないこと、無理だ」「無謀だ」「やめておいた方がいい」「それが、あなたのため」という人が出てくるでしょう。その声に引き戻されない様に、自分と同じ様にパッションに生きる仲間が大切なのです。上辺だけではない、利害関係のない、心底信頼できる、あなたのパッションを応援してくれる仲間。養成講座はその仲間ができる場です。ファシリテーターとして、他の人がパッションを見つける、パッションに気づく、サポートをしてもいいし、しなくてもいい。真の目的は、あなたがパッションに生きること。そのスタートを切りましょう。

パッションテストファシリテーターとは?

パッションテストファシリテーターは、パッションを生きるスペシャリストです。パッションテストのグループでのワークショップや1対1セッションを国内のみならず、全世界で開催できる魅力的な資格です。

さらに、カウンセリングやコーチングを行っている方にはそれに加味することのできる、パワフルなプログラムです。例えば、キャリアカウンセリングのお仕事に活かしたり、起業家向けのコーチングに活かしたりできます。あるいは、あなたのセミナーコンテンツと組み合わせたり、単独で、グループでのワークショップ開催も可能です。

このプログラムは、

あなた自身がパッションに沿って生きるための

プログラムでもあります。

『 望むものが、明確になればなるほど、それがあなたの人生に現れてくる 』ファシリテーター養成講座に参加すると、あなたのパッションをより明確にすることができ、その結果が、あなたの人生に反映されてきます。
加えてあなたが、目の前の人のパッションを明確にし、活き活きとした人生を応援できるようになります。そして、これはそんなあなた自身を
愛を通じて変革させる(Inspiring Transformation Through Love)プログラムです。

 パッションテスト ファシリテーター養成講座は、パッションテスト共同開発者ジャネット・ブレイ・アットウッド 自ら指導します。現在、パッションテスト ファシリテーター養成講座は、アメリカ、カナダ、南米、ヨーロッパ、オーストラリア、タイなど世界各地で随時開催されていますが

ジャネット自ら指導する養成講座は、世界でも限られた会場のみです。

​今までの受講者の声

パッションテストに出会い、心から結婚がしたいということがわかりました!明確になったことにより、問題点が浮き彫りになり、向き合う覚悟ができ、結果、問題点を手放すことができました。そして身体がとっても軽くなりました。

Y.A. 30代女性

古澤正幸 50代男性

パッションテストファシリテーター養成講座を受講して手にしたもの。

①人目を気にせず、やりたいことをやって収入を得ている

②ファシリテーターとして「人生を飛躍させるお手伝い」をすることに喜びを感じている

③年齢、性別、国籍を越えた、豊かな人間関係が広がっている

④ありのままの自分にOKを出せるようになった

⑤自分の考えや行動が人と違っていても、不安や焦りを感じなくなった

⑥月曜(休み明け)の朝が待ち遠しい

⑦ストレスを感じる場面が少なくなり、ストレス解消に使う時間やお金が激減した

⑧日々の食事が美味しく、熟睡できている。

Y.I. 20代女性

パッションテストと出会い、ファシリテーターになったことで得たギフトは、
・ファシリテーターのファミリー
・ファシリテーター同士で自分の経験をシェアすることで様々な考えに触れられた点
・他人ではなく「自分軸」の考え方…自分のパッションとは何なのかを考えるようになった点
・様々な人と接することで世界が広がった点
・これまで「自分軸」ではなく「他人軸」で生きていたと気が付いた点
・前よりも自分を責めなくなった点
・ファミリー経由で別のセミナー情報を知り、より学ぶ機会が増えた点
また同期以外のファシリテーターともイベントを通してお会いする機会があったので、非常に奥深いです。
ファシリテーター同士以外にも、個人セッションを通じてお客様から学ばさせていただく機会もございました。
全てがギフトで今に至るまで繋がっていたと感じております。

K.S. 50代女性


パッションテストに出会う前は、職場事故にあい、身体障害手帳をもらうほど後遺症が残りました。
職場も無念の退職。震災では、自宅が半壊。唯一帰れた実家の家族はとても冷たい態度で、行き場のない私に対して、出ていけといった殺し文句を盾に取り、つらい毎日でした。死んでしまいたいと思った日も。私がパッションテストファシリテーター養成講座に参加するにあたり、私に対する物凄い言葉の手紙が、連名でとどきました。
はじめて受け取る、連名の手紙だったのに。
でも、「自分の道を行く」と決めて養成講座に参加し、本当に生まれかわりました。
新しい視点での物事の見方、考え方を、ジャネットに教えてもらいました。
忘れられない言葉は「誰にも地獄の経験はある。それをいつまでもこだわり、言い続けて行く道を選ぶのか、新しい幸せの道を探し、選んで行くのか、それを決めて選ぶのは、貴女です。」本当に生きて行くのが、楽になりました。
今は、親元を離れて、自分なりの幸せを目指して歩いています。
就職活動も、これは自分のパッションに近づくものかどうか、で判断。
大好きなアロマの復活、そしてヒーターシーリングを習い、ますます本来の私に近づいています。また、素敵な友達との出逢いから、新しいことも始まりました。
そして、ジャネットに言われた「自分を大切にすること」。
これまで死ぬほどつらかったのは、自分を大切にせず、自分を犠牲にしてきたからだと悟りました。パッションテストが、私の人生を変えてくれました。本当に感謝です。

荒井紋子 40代女性

パッションテストを知る前の私は、自分の心の声など意識したことが無かったのです…。
なので、初めてジャネットに出逢った時、自分のパッションを生きていると、こんなにもエネルギッシュで生き生きしている女性になれるんだなぁと感じました。それならば、私も自分のパッションを知りたいと思い、PTを受けました。最初のパッションテストでは、沢山の夢や希望があり、どれも私のパッションなのだけれども、少し大袈裟な気がして…(笑)
もっと詳しく教えてもらえるならばと養成講座にも参加したのです。
そこでも自分のパッションが何だか大き過ぎる気がして…、何となく落ち着かなかったのを覚えています。今考えると、毎日毎日忙しく、仕事は2つ掛け持ちしていて、自分の休みは無く、家事・育児とこれでもかってぐらい頑張り過ぎていたのです。自分の心の声なんか無視していたし、聴こうとして無かった…。
だから、パッションテストで本当の自分の声が分かった時、私のこの人生を、私らしく生きていないことに対する、悲しさやもどかしさが込み上げてきて…、号泣でした。
それからの私は、自分のパッションに沿うよう、心の声を聴くこと、本当の自分と繋がっている幸福感を段々と味わうようになってきたのです。
今、自分の心の声を大切に、毎日を生きることが大分上手になって来たようで(笑)(数十年前、離婚をしようと思い主婦から看護師になってのですが)
今では、家族全員での団欒が幸せを感じる大切な一時となっていますし、人生の半分の時間を使っている職場では、人間関係も穏やかになり、和気藹々と時間も過ごせています。
でも、1番の収穫は、『私が私らしく生きていること』、これがとても幸せなのです !
誰もが幸せになれることを確信出来た今、仲間と共に、心の幸せ、本当の自分を知る機会を作り伝えて行く事が、私のパッションの第1になっています。
これからも、ファシリテーターとして、体現出来たら嬉しいですね。